ほうれい線

 

ほうれい線の原因は肌のたるみ

何気なく鏡を見て、ふと自分の口もとに、ほうれい線がくっきり出ていることに、ドキッとすることがありませんか?とくに、乾燥する季節になると、ほうれい線が余計に目立つように感じたりします。ファンデーションがほうれい線に入り込み、慌てて化粧直しをすることも。ほうれい線ができると、なんだか、すごく老けた印象になりますよね。笑うと、さらに、ほうれい線が深くなったりするので、笑顔になるのも、控えるようになってしまいそうです。ほうれい線の原因は、肌のたるみによるものが多いのですが肌の乾燥が原因の場合もあります。ほうれい線対策に大切なのは、保湿。ほうれい線に効く保湿効果の高い化粧品にはどんなものがあるのか、調べてみました。

ほうれい線には、セラミドが効く!

加齢とともに、目立ってきてしまうほうれい線。それは、肌のコラーゲンやセラミドなどの成分が年齢とともに減少し、肌の弾力が失われてしまうからです。肌の保湿力に影響するコラーゲンやセラミドが少なくなると、肌は乾燥して、ハリを失い、たるみが出てきてしまいます。そのたるみがほうれい線を作ってしまう原因のひとつなのです。ほうれい線をなんとかするためには、コラーゲンやセラミドを補給するのが効果的です。特に、セラミドは肌の保湿力が素晴らしく、外部刺激からのバリア機能もあります。肌の乾燥ケアに対して、抜群の効果があります。そもそもセラミドは、もともと人間の体内に存在する成分で、浸透性があるので、ほうれい線改善にも有効です。

セラミドは化粧品で補給することがオススメです。

セラミドはもともと人間の体内にある成分です。それを外から摂取するとき、サプリメントと化粧品からの二つの方法があげられます。もし、サプリメントで摂取をした場合は、どうでしょうか?確かに、まったく摂取しないよりはマシですが、口から摂取したものは、体内に吸収され、肌にまで十分に回らないことが考えられます。サプリメントに含まれたセラミドが、効果を発揮しきれない可能性があるのです。その点、化粧品でセラミドを肌に浸透させれば、しっかりと角質層に働きかけてくれます。また、化粧品では、セラミドの分子を小さくして吸収されやすくされちたり、肌に相乗効果をもたらす成分が含まれていたりと、セラミドの研究開発が進んでいて、即効性も高くなっています。セラミドを補給するには、食品よりも化粧品からの方が効果は高いのです。

ほうれい線を救う化粧品は?

ほうれい線の悩みを解消するのにふさわしい、セラミド。セラミド入りのローションには、どんなものがあるのでしょうか。最後に、様々なメーカーから発売されている、セラミド入り化粧品をご紹介します。トライアルセットで、手軽に試せるものもあるので、注文してみるのも、いいですよ!★ディセンシアつつむ  ローションセラム・化粧水 120ml3400円(ディセンシア)★メディプラスゲル 180g 3885円 (メディプラスオーダーズ)★アヤナス トライアルセット 1480円(ディセンシア) ★ヒフミド  トライアルセット 980円(小林製薬)★モイスチャーライン トライアルセット 1300円(エトヴォス)